1日でできるだけたくさん回る経路の作り方

三重県をドライブして、1日でできるだけたくさん回ることが出来る、オススメの経路です。夕方の渋滞を考えると三重県の北から南へ行く経路が良いと考えられます。木曽岬町をスタートして、国道23号線を南に下るルートが一番、三重県を回ることができます。木曽岬町をスタートしてすぐに、桑名市に入ります。遊園地や温泉があるナガシマリゾートがある付近を通ることが出来ます。桑名を過ぎると次は四日市市になります。四日市市はコンビナートがあり、夜には工場の夜景がとてもきれいで、新たなデートスポットにもなっています。四日市市の次は、鈴鹿市になります。F1の日本グランプリが行われる鈴鹿サーキットがあることでも知られています。鈴鹿の次は、三重県の県庁所在地の津市になります。津は競艇場があることでも知られています。津の次は、松阪市になります。松阪牛は日本でも有数の高級肉となっています。松阪牛が食べられるお店もたくさんあります。松阪の次は、伊勢市になります。1年を通じて、多くの人が訪れる伊勢神宮があります。伊勢の次は、鳥羽市になります。鳥羽水族館や夫婦岩が有名観光スポットとなります。三重県を1日でできるだけ多くたくさん回るルートを作るのであれば、国道23号線を軸にすると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿