9月, 2014

中古車の買い時

車を購入するには少しでも安く購入したいと思うのが普通ですが、そのためには安く購入できるタイミングを知る必要があります。

 

新車と異なり中古の場合には価格変動により常に同じ金額で購入できない性質があります。需要と供給の中で買い取り価格が決められているため、販売価格ももちろん異なってくるのです。中古の価格が変動する理由には人気の高さがありますので、

 

現行型の場合には比較的安定した価格を維持できるようになっています。

 

しかし新型車が販売され始めると中古の価格は下がる傾向があります。新型の登場によって価値が落ちてしまうことになりますが、車種によっては価格が高くなることもあります。新型車が不人気だと旧型の中古が注目され始めるため、安定した価格を維持できるようになります。市場経済の原則ですから価格の変動は常に起こるものですが、車種によって内容が異なるため相場や販売価格の範囲を知ることが大切なのです。中古車は安く購入できることで経済的なメリットが大きいですが、買い時を間違えると高くなってしまいます。新型車が出ることによって価値が下がる場合もあれば、逆に旧型の需要が高まることもあるため、現状の相場を把握することが大切なのです。

販売店の探し方

車が欲しいと思った時に考えておくと良いことが2つあります。

 

1つは安心できる販売店を探すこと、もう1つはある程度予算を決めてから動くということです。1つ目の安心できるお店については車は高い買い物の一つですから、何かあった時にすぐに対応してくれるお店が重要です。ほとんどの車は故障もせず、売るまでオイル交換や車検程度のお世話ですみますが、運が悪いと、不具合があるなどで修理が必要となります。車は機械部品ですから故障は起こります。故障したことに腹を立てず、すぐに対応してもらうことが重要です。そのためには安心して車を預けられるお店であることがとても重要です。お店選びのポイントはこちらの質問へ適切に答えてくれるかどうかです。回答が分かりづらい、修理の事を詳しく教えてくれないお店はのちのち困る事が多いようです。

譜面01

 

2つ目は予算についてです。車は車体価格の他に各種税金や雪が降る地方ならスタッドレスタイヤなどいろいろな費用が必要です。そのため、CMで出ていた価格よりも数十万円多めにかかることも珍しくありません。予算はどの程度まで考えられるのか決めてから見積もり等をもらうようにするほうが時間も無駄にせずに車購入できるポイントのひとつです

条件に合致した車のピックアップ

車を購入する際に検索のしかたを変えるだけで時間がかなり短縮できます。

 

車は新車、中古車によらず、メーカーや車種を決めていないなら、まずは中古車販売サイトで探してみることをおすすめします。新車の場合でもある程度の車種を絞ったり、メーカーを選ぶ際に中古車販売サイトはとても参考になります。中古車販売サイトではメーカー、車種以外に車の形、エンジンの大きさ、駆動方式などいろいろな探し方を選べます。家族で乗るなら7人乗りのワンボックスがいいとか、スキーにもよく行くから4WDがいいとか、車に対しての要望がそれぞれ異なると思いますのでだいたいの車種に絞ることができ、また、メーカーについても販売している車種を含めて絞ることができます。ある程度の車種とグレードが決められたら、各メーカーの公式ホームページで探してみると良いです。

 

漠然と公式ホームページを見るよりも、一度中古車販売サイトで探しているので比較的楽に求めている車にたどり着くことができます。車種は各メーカーでたくさんありますが、デザインの好き好きは人によって全く感じ方が違いますが、中古車サイトである程度探していれば好きなメーカーも絞れていることが多いようです。

ライフスタイルに合わせたボディタイプの選び方

弦車を購入しようと考えた場合、ライフスタイルにあわせてボディタイプを選ぶようにしましょう。では、どのような車種のものを選んでいけばよいのでしょうか。

 
まず、コンパクトカーは小さなボディで小回りがききますが、パワーが少ないため、街乗りをよくする人に向いています。送り迎えや買い物程度に使う方がよいでしょう。軽自動車も同様で小回りがききますし燃費もよいですが、高速道路での走りは少し難しいです。また大人数が乗れません。

 
ミニバンは3列シートであるため、6人以上乗ることが出来ます。車内も広いため大家族に適しています。セダンは車内がとても静かであり、安全性が高いです。足元はゆったりしているのですが、高さがないです。年配の人は乗り降りが大変なので、中年ぐらいの人たちに良いでしょう。

 
SUVはオフロードでも走行性能が高いので、アウトドアをよく楽しむ人にはむいています。友人や家族と一緒にキャンプなどよく行くような人には、とても良いでしょう。

 
ステーションワゴンは、たくさんの荷物を積んで走ることが出来る車です。但し、車内はあまり広くありませんので、大人数は乗れません。荷物を運ぶことが多い人にはよいでしょう。

 
クーペは走行性能を重視している人にむいています。ツーシーターであることが多く、カップル向けの車です。また、ドライブ自体を楽しむ人にむいている車と言えるでしょう。

車の購入手順について

車の購入手順は大きく分けて3つの段階に分けられて進みます。ピアノ02 フルート

 

1つは交渉、2つ目は書類等の手続き、3つ目は納車です。

 

 

交渉については各ディーラーや中古車販売業者のお店で行います。一部インターネット上で簡易的な購入手続きができる場合もありますが、多くの場合はお店に出向いて交渉となります。交渉の中身は価格、車種選定の他に、オプションの設定があります。車種やグレード、支払い方法を決めたら購入手続きが進みます。交渉が終われば書類手続きですが、主に、売買申込書、車庫証明等に必要な書類へのサイン、住民票等の提出が行われます。この時点でメーカーに車の発注が行われます。また、メーカーオプションについてはこの時点で発注できなくなります。ディーラーオプションは納車後でも設定可能ですが、メーカーオプションは最初に設定するのみの場合が多いので注意が必要です。発注と車庫証明等の手続きが終了するとナンバーが付けられ納車となります。納車の際には車の使い方の説明と各種注意事項、初期不良があった時の対応などいくつかの説明がある場合が多く、ディーラーによっては記念写真の撮影などの各種サービスが行われることも少なくないようです。

新車と中古車の購入費用の比較

新車と中古車の購入費用の比較について、単純に車両本体価格が異なるというだけではなく、各種税金の負担額が変わってきます。まずは消費税です。2014年4月からの増税により購入価格の8パーセントが課税されることになっています。また、2015年10月からはさらにその消費税が10パーセントに増税される可能性が残っています。このように、この税金は購入価格で変わってくるために、自動車が新しいものであろうと古いものであろうと関係なく課税されます。

 
他にもあります。2014年4月の消費増税に伴い縮小された自動車取得税があります。この税金は都道府県税事務所などが中心となって課税されるものですが、かつての自家用車5パーセント、営業用3パーセントがそれぞれ2パーセント減額となって課税されています。中古車の場合は、購入価格に対して計算がされるものではなく、法定の減価償却率で減額されて計算がされている点とその法定の価格が50万円未満の場合は免税点となり、課税がそもそもされない点に注意が必要です。なお、2015年10月の消費税10パーセントの時に、この税金はなくなることが決定されていますので、多少は減税されるから買おうかと考える人もいるかもしれませんが、消費増税の負担の方がはるかに大きいので難しいところではあります。

ピアノ02

中古車プライスボードの見方

中古車プライスボードの見方は主に2つのポイントがあります。

 

1つは価格についてです。ほとんどのプライスボードでは車体価格のみを掲載していることが多く、諸経費等の表示はありませんので、購入する際には見積もりを取り、総支払額がどうなるのか注意が必要です。また、銀行等のローンを組む際も見積もりが必要となることが多いですが、その前にいくら借りるのかはプライスボードの価格に数十万円追加した金額になることお予め伝えておくことが必要です。

 

2つめは車の状態についてです。ボードには車の状態が書かれている事が多く、走行距離、年式は最低書かれています。同じ車種でも年式や走行距離によってまったく価格が異なることがありますのでただ単に値段のみで判断せず、車の状態の確認もとても重要です。また、車種の他にグレードも書かれていることもあります。グレードについてはインターネット上のメーカー公式ページに詳細がありますので初期装備等の確認も含めて一度ホームページで確認しておくと、販売されている車種の装備で足りない、追加されているなどがわかります。初期装備のはずなのに付いていない場合には値引きの交渉に利用できることも多いのでチェックが重要です

下取り車の手続き

都心部を除いて車は人々が生活する上で欠かせないものです。

 
日本では18歳から自動車の運転免許の取得が認められているので、一度車を購入すると、その後は車を何台か乗り換えながら生活することが当たり前になります。

 
その際に車を替える場合は現在乗っている車を下取り車に出して、それを資金に次の車を購入しなければなりません。
この時の手続きですが、まず印鑑証明書が必要になります。

 
これは、各市役所で調達できます。

 
さらに、契約書に署名と押印をしなければなりません。
これで車の下取りは手続きが完了します。

 
後は、業者に抹消手続きや名義変更をお願いするのみです。
その車をより高額で売るためには、数社から見積もりを取る必要があります。

 
そして、各社を競合させることで、下取り価格を上げることができます。

 
また、高値で下取りに出した車の資金を基に欲しい車を手に入れることもできます。

 
その際には、欲しい車種をピックアップして、全国の中古車販売業者から取り寄せてもらう方法がお得です。

 
それは、全国だとネットワークが大きいため、欲しい車が見つかりやすいという理由があります。
また、値段も下がりやすいので、後は整備は責任を持って業者にしてもらえます。

最近の投稿