5月, 2016

フル乗車時のデメリット|荷物をあまり積めない

セダンタイプは、エンジンルームと居住スペース、トランクルームがそれぞれ独立しているいわゆる3BOXですので、居住スペースに定員一杯乗り込んだとしても、トランクルームの積載量に変わりはありません。
もちろん、居住スペースにも荷物を積み込んでいる場合は、多くの人が乗り込めば、その分のスペースは失われることにはなります。
ハッチバックのような居住スペースとトランクルームが一体化している2BOXタイプやミニバンやワゴンといった1BOXタイプでは、後部座席や2列目、3列目の座席を倒したり、跳ね上げたりすることにより、荷物を積むスペースを大きく確保することができます。
したがって、乗り込む人数が少なければ、その分、大きなものや長いもの、その他多くの荷物を積むことができます。
しかしながら、フル乗車時には、すべての座席をすわれるようにセットしなければなりませんので、スペースが削られ、物をあまり積めなくなってしまうデメリットが生じます。
ただし、もともと限られたスペースですので、人が多く乗れば、荷物を積むのが限定的なのは当然のことです。重要なのは、乗員が少ないとき、いかに荷物を積むスペースを確保できる工夫がなされているかということです。

荷室が外から丸見え?車上狙いの標的になりやすいらしい

ハッチバックは車上狙いの標的にされやすいという弱みがあります。沢山の荷物が入れられるところが魅力のハッチバックですがにバックのドアには窓がついていますので荷室が丸見えになってしまいます。
車上狙いはまず荒らす前ににどの車にするか吟味するのですが、その時に貴重品を置いてそうなものをターゲットにするのです。荷台が丸見えですとバッグなどが見られた時にこの中に貴重品があるのではと思われてしまいます。実際のところバッグの中に何も貴重品が無かったとしても犯人にはそれがわかりません。車上狙いにあってしまいますと何も盗まれなくても窓ガラスが割られて多額の修繕費用が掛かってしまいます。犯人が見つからなければすべて実費でしなければいけません。
バッグが見えなくても何か毛布などで隠しているような痕跡がある場合でも同じように狙われてしまうのです。しかし逆に荷台が見えにくく特に座席にも何も置かれていない場合には狙われることはありません。
鍵を開けたり窓を壊したりしてわざわざ荒らして何も出てこなければただの無駄な労力になるからです。
ですのでもしもハッチバックを乗りたいのであれば車上狙いを避けるために荷室の部分には何も置かないようにするのがベストです。

ハッチバックの弱み

ハッチバックとは、セダンのようにエンジンルーム、居住スペース、トランクルームの3BOXではなく、居住スペースとトランクルームが一体となり、後部は跳ね上げ式のドアで開閉するようにし、大きな荷物も積めることができるタイプです。
後部座席を倒すことで、さらに大きな荷物や長い荷物を積むことができ、コンパクトサイズであっても、多くの荷物を積むことができ、実用性が高くなっています。
なお、ハッチバックタイプはコンパクトカーに限ったものではなく、ハイクラスカーでも採用されています。
ただし、短所もあります。
一つ目は、セダンと比較すると居住スペースとトランクルームが一体化しているため、リアタイヤ周りの音が居住スペースに侵入し、静音性に劣ります。
二つ目は、多くの人が乗ると、一気に荷室スペースが狭くなり、多くの荷物を積むことができるメリットが失われます。
三つめは、荷室が外から丸見えなので、積んでいる荷物が人の目にさらされ、車上荒らしの対象となりかねません
四つ目は、後部の跳ね上げ式のドアを開けるには、後方にある程度のスペースが必要ですので、狭い場所での開け閉めは困難です。
五つ目は、トランクルームが独立していませんので、追突された場合には、衝撃のダメージが大きくなります。

後ろの座席を折りたたんで!バンのように広く使おう

ハッチバックとは、船のハッチの様に跳ね上げた形や横開きなどでバックドアを開ける自動車のタイプのことです。大抵は専用のトランクが設けられていますが、それだとトランク空間には限りがあるため、それほど荷物を多くを詰め込むことも出来ません。

ハッチバックの構造としては、独立したトランクを持たずに荷室と室内を隔てる仕切り壁自体が存在しないのが特徴です。そこで後部座席を倒すことによって、バンの様に広い空間を造り出すことが出来るので、トランクよりも数倍の荷物などを入れておく上でも便利となります。

また後部座席を起こせば、また元の通りに乗員も乗ることも出来ます。ただ現在は軽カーなどでもバンタイプも見られバックドアを設けているタイプが存在しますが、ハッチバックはスポーツカー、大衆向けのカー、スポーティカーでのバックドアを持つ種類に分類されます。

実際にハッチバックでは後部座席を倒せば、ライトバンと同じ様に荷物を置ける空間を持たせることも出来ます。よって少ないながらも荷物を運んだりすることも出来るので、商用として用いることも可能となります。

また燃費も良いながら後部座席をたたんで、広く使うことが出来るのでライトバンよりも優れている場合もあります。

荷物の積み下ろしが楽チンなんです

 車は人だけでなく、荷物も載せます。積み下ろしは若い人でも体力を使います。ましてや子ども連れだったり、妊婦さん、高齢者であれば、なおさら困難になります。
そんな時に便利なのが、スライドドアのものです。取っ手を触らなくても開けられるタイプであれば、更に使い勝手がいいですね。スーパーやコンビニエンスストアの狭いパーキングでも、スライドドアなら開け閉めが楽ですし、隣のドアにぶつける心配もありません。そういう点では、セダンよりもミニバンタイプの方がいいでしょう。ミニバンなら、三列シート場合、真ん中のシートを出来るだけ後ろにずらせば、チャリンコも持ち帰ることが出来ます。雨の日に子どもの乗り物のおもちゃを実家に持って帰る時にも、実力を発揮します。三列目のシートを跳ね上げれば、一人用の引越し荷物なら十分乗ります。また、軽タイプでもパワースライドドアが付いているものもありますから、選択肢は本当に広くなりました。
一方、バックドアからたっぷり荷物を出し入れ出来る、バンも捨てがたいです。後ろに荷室が広いので、タイヤ4本とか大きな押入れ収納を買っても、楽々持って帰ることが出来ます。バンも従来の業務用にしかみえないものばかりでなく、見栄えの良いスポーツタイプのものも発売されています。検討してみてはいかがでしょうか。

ハッチバックの強み

ハッチバックの特徴は、座席のある居住空間と、荷物を積み込むトランク部分が分離していない構造です。「ハッチ」は、船の甲板に使用される扉(ハッチ)が、背面のドアに似ていることが名前の由来になっています。
サイズはコンパクトでも、セダンタイプの居住性とバンの利便性を兼ねている点が、ハッチバックの長所と言えるでしょう。セダンタイプだと、トランク部分は居住空間と別になっているので、トランク部分が大きくなればその分長さも伸ばしたデザインにしなければいけません。その点、ハッチバックはトランクが広い設計でもコンパクトな形にデザインできるということです。そのため、荷物の積み込みが楽な長所がある一方で、デザインはコンパクトにできます。結果的に燃費の良い走行が可能になるということで、ハッチバックを愛好しているドライバーも多いです。
トランク部分に積み込んだ荷物は、座席から直接取り出すことができます。長い荷物を積みたい時などは、後部座席を倒すことでより実用性が高まります。デメリットとしては、トランク部分が一体化していることによって防音機能が若干低くなる点ですが、最近ではエンジン音自体が静かなハイブリッドタイプのハッチバックも登場していますので、高速道路などのノイズが発生しやすい道路を走行するのでなければ室内の音がそれほど変わらないようです。

コンパクトで使い勝手が良い!

ハッチバックとはセダンのようにエンジン、居住スペース、トランクと3つの空間に仕切られたタイプと違い、トランクと居住スペースを一体化し、跳ね上げ式のバックドアを採用し、より大きな荷物を載せられるように利便性を高めたボディタイプのことをいいます。使い勝手がいいので、世代を問わずに人気のタイプです。ハッチバックの元祖は1961年のルノー4(キャトル)と言われています。1974年に初代フォルクスワーゲン・ゴルフが人気を集め、世界的に広まりました。日本では1966年のトヨタ・コロナが始まりです。1970年代中頃になり、ホンダ・シビックが登場し、一般的となりました。現在では、コンパクトカーや軽自動車で採用されています。ハッチバックはセダンよりも大きな荷物を載せられるというメリット以外にも、トランクと違い、バックドアを開けなくても荷室の荷物をとることができるメリットもあります。しかし、ハッチバックは後部座席と荷室の間に仕切りがないため、後ろから衝突された時に、衝撃が強いというデメリットがあります。またリアに仕切りがないため、後部座席の騒音はセダンより高いです。ハッチバックの後部を伸ばすとステーションワゴンになります。スバル・レガシィなどが代表的です。荷物はステーションワゴンの方がたくさん積むことができます。しかし、ハッチバックは重量が軽いため、ステーションワゴンよりも軽快に走ります。小さいので小回りもききます。燃費も重量が軽いためいいです。それほど大きな荷物を載せないのであれば、ハッチバックはコンパクトで使い勝手がいいタイプです。

室内空間を確保しつつ荷室スペースを作れる!

昔からハッチバック式の車は人気がありましたが、それは今も同じで、室内空間を確保しつつ荷室スペースが作れるところに魅力があるようです。特に若い世代の男性には人気があります。ミニバンタイプは荷物はたくさん積めるけれど大きすぎるし、セダンタイプはスリムだけれど、荷室が狭く荷物が積めないといった難点があります。その点ハッチバック式は、その両方のメリットを組み合わせたようなタイプであると言えるでしょう。釣りやアウトドアが趣味といった人にはぴったりです。見た目よりたくさんの荷物が積めますし、何よりかっこいいというのが憧れるポイントです。ミニバンは荷物がたくさん積めますし、大きな物でも楽に乗せられます。何といってもファミリー向けで便利なのですが、スタイルから言えばかっこいいといった感じではありません。セダンはスタイルはよくても荷室が狭いのであまりファミリー向けではないのです。その点ハッチバックカーはおすすめです。男性ならその両方を獲得できる喜びを感じることができるでしょう。自分の趣味を生かしながら、しっかり家族サービスもするといったポイントもうれしいところです。これから購入しようと考えている人には、ぜひおすすめしたい一つです。

ハッチバックの特徴と歴史

ハッチバックとは大型のリアゲートを搭載しているタイプの車両のことです。リアゲートとはトランクのことですが、セダンタイプとの大きな違いは荷物の積載スペースが室内と一体型となっていることです。セダンタイプではトランクスペースが限られているため、荷物の大きさにも制限がありますが、ハッチバックは多少大きな荷物でも助手席を倒すことで簡単に積載できます。また、ボディ自体もコンパクトに設計されていますので道路が狭い日本ではとても重宝されています。また、後方確認もしやすいため、女性や運転が苦手な方、初心者などにもとても扱い易いタイプです。荷物の積載スペースと室内が一体型となっているので荷物の出し入れも室内にいながらにして行うことができ、とても利便性が高いのが特徴と言えます。その反面、積載スペースが一体型となっていることがデメリットとなることもあります。積載スペースと室内が一体型になっているので、室内が広く、音が反響しやすい環境にあります。特にロードノイズが反響したり、積載してる荷物が崩れたり、音を立ててしまうことがよくあります。ハッチバックのメリット、デメリットをよく把握し、使用用途に応じたボディタイプを選択しましょう。

車用語集:ハッチバック

荷室専用のトランクを持たない車には、後方から直接室内にアクセスできるドアを設けています。全長が短い、あるいは高さが低いなどの理由でトランクや室内が小さくなりがちになります。大きい荷物や長物の積み下ろしを楽にして、利便性を少しでも高めるための手段として、後方に跳ね上げ式、または横開き式のドアがあります。このうち跳ね上げ式のドアを、潜水艦などの出入り口が跳ね上げ式のドアとなり、これをハッチと言うことからハッチバックという名前がつきました。ほとんどが後部座席を前面に倒すことができ、荷室を広く取ることができます。また、リアドアのガラス部分だけ跳ね上げることができるものもあり、これは別にガラスハッチと呼ばれます。
走行性能を向上させるために室内空間を削り、その結果ユーティリティ性に制限が出てしまうクーペの荷室確保に有効な方式となりましたが、スポーツカー特有の空気抵抗を極力低減させるために流線形に近づけるデザインには、ハッチバック式がとても有用でもありました。
多くの場合、専用の荷室を持たないクーペやコンパクトカーの2ボックスタイプにハッチバックが採用されていますが、専用の荷室を持ちながらハッチバック式ドアを有するハッチバックセダンに分類されるものもあります。テクスチャー03

最近の投稿