オートマチックトランスミッションで用いられるクラッチとは

オートマチックトランスミッション、通称オートマ、ATと呼ばれる装置は車からクラッチペダルをなくしました。オートマにももちろんあるのですが、人間がペダルを踏んで離す必要がないのです。操作はコンピューターや油圧などによって自動的に切断、接続が行われます。オートマにはいくつか種類があります。現在、最も多いのがトルクコンバーター式です。いわゆるトルコンと呼ばれる機構であり、トルクコンバーターによって動力切断を行い、プラネタリギヤレーンが速度とエンジン回転に合わせて油圧装置に適切なギアを選択させます。3段から6段ほどのギアがよういされています。これに対してCVTと呼ばれるオートマでは無段変速機とも呼ばれており、変速ギアではなく、プーリーをベルトが滑る形で変速が行われます。トルコンで問題となった変速ショックがない、常に最適な変速比を保てるため燃費の良い走行が可能です。また、これに対して、DCTなどと呼ばれるオートマチックはセミオートマとも呼ばれ、変速ギアを人間側で操作することができ、また、駆動の切断、ギアの変換、動力接続が人間が操作するのに比べて格段に速くできることから主にスポーツカーなどに採用されています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿