ハッチバックの特徴と歴史

ハッチバックとは大型のリアゲートを搭載しているタイプの車両のことです。リアゲートとはトランクのことですが、セダンタイプとの大きな違いは荷物の積載スペースが室内と一体型となっていることです。セダンタイプではトランクスペースが限られているため、荷物の大きさにも制限がありますが、ハッチバックは多少大きな荷物でも助手席を倒すことで簡単に積載できます。また、ボディ自体もコンパクトに設計されていますので道路が狭い日本ではとても重宝されています。また、後方確認もしやすいため、女性や運転が苦手な方、初心者などにもとても扱い易いタイプです。荷物の積載スペースと室内が一体型となっているので荷物の出し入れも室内にいながらにして行うことができ、とても利便性が高いのが特徴と言えます。その反面、積載スペースが一体型となっていることがデメリットとなることもあります。積載スペースと室内が一体型になっているので、室内が広く、音が反響しやすい環境にあります。特にロードノイズが反響したり、積載してる荷物が崩れたり、音を立ててしまうことがよくあります。ハッチバックのメリット、デメリットをよく把握し、使用用途に応じたボディタイプを選択しましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿