ハッチバックの強み

ハッチバックの特徴は、座席のある居住空間と、荷物を積み込むトランク部分が分離していない構造です。「ハッチ」は、船の甲板に使用される扉(ハッチ)が、背面のドアに似ていることが名前の由来になっています。
サイズはコンパクトでも、セダンタイプの居住性とバンの利便性を兼ねている点が、ハッチバックの長所と言えるでしょう。セダンタイプだと、トランク部分は居住空間と別になっているので、トランク部分が大きくなればその分長さも伸ばしたデザインにしなければいけません。その点、ハッチバックはトランクが広い設計でもコンパクトな形にデザインできるということです。そのため、荷物の積み込みが楽な長所がある一方で、デザインはコンパクトにできます。結果的に燃費の良い走行が可能になるということで、ハッチバックを愛好しているドライバーも多いです。
トランク部分に積み込んだ荷物は、座席から直接取り出すことができます。長い荷物を積みたい時などは、後部座席を倒すことでより実用性が高まります。デメリットとしては、トランク部分が一体化していることによって防音機能が若干低くなる点ですが、最近ではエンジン音自体が静かなハイブリッドタイプのハッチバックも登場していますので、高速道路などのノイズが発生しやすい道路を走行するのでなければ室内の音がそれほど変わらないようです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿