新車と中古車の購入費用の比較

新車と中古車の購入費用の比較について、単純に車両本体価格が異なるというだけではなく、各種税金の負担額が変わってきます。まずは消費税です。2014年4月からの増税により購入価格の8パーセントが課税されることになっています。また、2015年10月からはさらにその消費税が10パーセントに増税される可能性が残っています。このように、この税金は購入価格で変わってくるために、自動車が新しいものであろうと古いものであろうと関係なく課税されます。

 
他にもあります。2014年4月の消費増税に伴い縮小された自動車取得税があります。この税金は都道府県税事務所などが中心となって課税されるものですが、かつての自家用車5パーセント、営業用3パーセントがそれぞれ2パーセント減額となって課税されています。中古車の場合は、購入価格に対して計算がされるものではなく、法定の減価償却率で減額されて計算がされている点とその法定の価格が50万円未満の場合は免税点となり、課税がそもそもされない点に注意が必要です。なお、2015年10月の消費税10パーセントの時に、この税金はなくなることが決定されていますので、多少は減税されるから買おうかと考える人もいるかもしれませんが、消費増税の負担の方がはるかに大きいので難しいところではあります。

ピアノ02

コメントは受け付けていません。

最近の投稿