契約した保険金額を上限にできる

対人賠償保険とは保険契約者ではなく第三者の他人の補償が目的の保険です。第三者が死亡、ケガをした場合に適応されます。なお対人賠償保険で支払わる金額は自賠責保険では補えきれない分になります。第三者といっても対人なので建物なども勿論対象外です。また保険加入者の家族や加入者の承諾を得て運転をしていた人達に対して保険は適用されないので注意してください。保険会社によっては様々な内容があるところもあるので必ず確認をしてください。対人賠償保険の保険金には相手一人に対して支払う額が無制限方式か上限額を決めた方式、そして一件に対して無制限とする方式があります。例えば支払う額が上限を超えた場合、残りの額は加害者側がすべて支払うことになります。無制限の場合は払うことはありません。これは被害者が一人の場合であり、被害者が複数人いたとしたら一人当たりの上限を超していなくてもトータルの保険金額は上限が無いということになるので注意してください。一件の場合は一つの事故で複数人被害者が出たとしても無制限に設定しているので自分が払うことはありません。今では被害者に支払う額が何億というのは少なくないので一件に対して無制限の方式の方がお薦めです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿