故意の事故には保険金は支払われないの?

自動車を運転していて、不意に交通事故を起こしてしまうことがあります。その事故が万が一に人身事故に発展してしまった場合では、対人賠償保険から保険金が出されることになり、運転者は比較的安心できます。対人賠償に関しては、強制保険に当たる自賠責保険で必ず加入をしているものなので、通常では任意加入の自動車保険の会社に連絡した場合であっても、まずは自賠責保険から必要な分だけ支払いが行われることが一般的です。自賠責保険では通常の怪我であれば最大で3,000万円まで支払われることになります。不足した分を任意加入の自動車保険に付帯している対人倍賞で賄う方法ですが、起こした事故が故意によるものと判断された場合では、保険金は支払われることがありません。この内容に関しては被害者となる方と事前に打ち合わせを行って、故意に自動車をぶつけてしまう方も実在しており、明確に規定外となるので注意が必要です。一方で対人賠償に関しては、本来であれば被害者を救済することを目的にしている一面があるので、例えば無免許運転や酒酔い運転をした状態でぶつけてしまった場合では、意外なことに支払対象になることが通説でもあり、被害者救済を優先していることが分かります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿