これはNG!不正改造に潜むリスク

車の不正改造と聞くと、暴走族が乗っているような改造を思い浮かべる人も多いと思います。実際はウイングの取り付け、窓ガラスに色付きフィルムを貼るなど、簡単にできてしまうことでも不正改造にあたりますので注意してください。また、ライトの色を規定外の物に付け替える、マフラーの取り外しや切断も不正改造になります。この他にも公道を走行するのに相応しくないと判断された改造も不正になります。
許可されていないパーツは事故を引き起こすリスクがありますので、必ず正規品を取り付けてください。例えば、色付きフィルムは濃い色がNGになっています。理由は夜間や視界が悪い場所での状況確認がしづらくなり、事故を起こすリスクがあります。
不正改造はどれも危険なのですが、スピードリミッターの取り外しや解除がもっとも危険です。これは大型貨物自動車が取り付けなければならない装置になっています。速度を抑制できなくなり、他の車両を巻き込んだ大事故に繋がるリスクが高いのです。
基本的に事故を誘発させる・規制値を超える黒煙を排出させる・交通の安全を妨げる・騒音や公害に繋がる改造は全て不正改造になります。改造自体は悪いことではありませんが、他の車両や通行人に迷惑にならないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿