高額な賠償額に備える補償の特徴とは?

交通事故を起こした際に、人に怪我を負わせたり死亡させてしてしまった場合の賠償金は高額になります。その高額の支払いに備えるための保険が任意保険です。自動車などには強制加入の自賠責保険がありますが、自賠責保険は人の怪我と死亡の際に最低限の賠償を行うもののため、怪我の場合の最高支払い額が120万円、死亡の場合の最高支払い額が3000万円となっています。また、同乗していた人が怪我をした場合や、ガードレールや信号、塀や住宅などを壊してしまった場合の人身・物損の補償はありません。あくまで被害者を最低限度で救済するためにある保険のため、賠償額が十分な金額ではない場合が多くなります。そういう場合に備えて、自賠責保険にプラスして加入するのが任意保険です。任意保険は自分で補償額を決めて契約することができますが、人身・物損ともに賠償額無制限というプランを設定することが可能です。事実、人身で数千万円、物損の場合、電車などの運休を引き起こしてしまったケースでは1億円を超える賠償が必要になることもあり、到底個人では払いきれない金額になることがあります。そこを任意保険によって支払いを行うことが可能になるのです。万が一の場合に備えて、任意保険の契約は、人身・物損ともに無制限にしておく方が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿