車の用語:ウインドウフィルムとは

車の窓ガラスに貼り付ける為のウインドウフィルムがありますが、これはスモークなどとも呼ばれています。
いくつかの役割がありますが、まずプライバシー性を高める為です。車内を見え難くすることができますので、透明ガラスが気になる場合はウインドウフィルムを貼ることで対策ができます。
そして車内が見え難くなることによって防犯性のアップにもなります。車内の状態が丸見えですと車上荒らしの被害に遭ってしまうリスクも高くなりますので、防犯という意味でも役立ってくれるのです。
ファッション性の向上にも一役買ってくれます。ウインドウフィルムを貼ることによってスタイリッシュな雰囲気になりますので、見た目を良くしたいということで利用されることがあります。
他にも紫外線対策としても便利です。UVカットをしてくれる働きもありますので日焼け防止になったり、また車内温度の上昇を抑える為にも有効です。
ウインドウフィルムは貼り付ける際には保安基準を守る必要がありますが、フロントガラス、運転席側面ガラス、助手席側面ガラスに貼る際には可視光線透過率は70%以上が必要とされています。後部座席のガラスやリアのガラスの場合はそれ以下でも貼ることが可能です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿