車の用語:前照灯(ヘッドライト)とは

車には前照灯が装備されています。所謂ヘッドライトのことですが、前方を照らす為の重要な装備です。
前照灯にはロービームとハイビームがあるのですが、ロービームですとおよそ40mほど先まで照らすことができ、ハイビームの場合は100mほど先を照らせます。
両者の使い分けですが、一般的にはロービームで走行することが殆どです。前方をしっかりと照らす為には遠くまで光が届くハイビームの方が良いのですが、しかしハイビームの状態ですと前を走る車や対向車に眩しさを与えてしまいますし、事故のリスクを高める原因にもなります。その為、殆どの車はロービームで走行しており、前を走る車や対向車がいない時にはハイビームに切り替えるなどして使い分けます。
前照灯を点灯させるタイミングですが、基本的には視界が悪い時には早めに点灯させることが大切です。夜間だけしか使用してはいけないというルールもありませんので、雨や霧などで視界が悪ければ日中でも使用した方が安全と言えます。また、昨今は常に点灯させている車もいるようです。前照灯を点けておくことによって他車からも存在を認知され易くなりますので、事故リスクを減らすという意味で昼間でも点けているケースがあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿