荷室が外から丸見え?車上狙いの標的になりやすいらしい

ハッチバックは車上狙いの標的にされやすいという弱みがあります。沢山の荷物が入れられるところが魅力のハッチバックですがにバックのドアには窓がついていますので荷室が丸見えになってしまいます。
車上狙いはまず荒らす前ににどの車にするか吟味するのですが、その時に貴重品を置いてそうなものをターゲットにするのです。荷台が丸見えですとバッグなどが見られた時にこの中に貴重品があるのではと思われてしまいます。実際のところバッグの中に何も貴重品が無かったとしても犯人にはそれがわかりません。車上狙いにあってしまいますと何も盗まれなくても窓ガラスが割られて多額の修繕費用が掛かってしまいます。犯人が見つからなければすべて実費でしなければいけません。
バッグが見えなくても何か毛布などで隠しているような痕跡がある場合でも同じように狙われてしまうのです。しかし逆に荷台が見えにくく特に座席にも何も置かれていない場合には狙われることはありません。
鍵を開けたり窓を壊したりしてわざわざ荒らして何も出てこなければただの無駄な労力になるからです。
ですのでもしもハッチバックを乗りたいのであれば車上狙いを避けるために荷室の部分には何も置かないようにするのがベストです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿