ルールがある?車種別のサイズの範囲とは

普通乗用車・大型特殊自動車および軽自動車・小型車でパーツを任意に取り付ければ、それは改造車という意味合いで処理されることになります。社外品をひとつでも設置すれば該当していくということを頭に入れて、常識の範囲内でまずは申請や車検などを迎えることが大事です。さらに陸運局ではこういった内容を逐一チェックしていく姿勢をとっていることから、構造自体を変更する必要があるならば、事前に書類での審査をクリアしていく部分が重要となります。書類へ記載する際には車両重量など事細かい部分まできちんと記入していく必要もあるため、綿密に計画を練って申請を行うのが鉄則です。登録する地域や改造の度合いによっても多少の誤差が出ていくので、一度問い合わせをしてから行動に起こすという事柄も大切となります。
その一方でカスタムショップでは、そういった内容に熟知したスタッフが担当してくれることもあり、コストは増すものの納得のいくサービスを最後の最後まで受けることが可能です。初心者向けの内容も網羅されているため、万が一改造車に手を出すというならば車種別に記載された範囲内をクリアしているかを見ながら、検討をすることが重要になります。普通乗用車・大型特殊自動車が厳しいという基準も、知ることが大事です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿