損害賠償額の補償の特徴とは?

自動車保険の役割には、ひとつは自動車事故によって被る可能性がある損害から自分や家族の身を守ると言うものがあります。そしてもうひとつが、自分が自動車事故を起こしてしまい誰かに損害を与えてしまった場合に、それに対する補償責任を果たすと言う役割です。自動車保険にはふたつの種類があり、ひとつは加入が義務付けられている自賠責保険です。ただしこれは、自動車事故のケガ、死亡、後遺障害に対する補償額には限度が定められており、たとえば死亡の場合は3千万円が限度になっています。しかし近年では、自動車事故で死亡した人に対する補償額の支払いは非常に高額になっており、億を超える額の支払いを命じることも少なくありません。ですから自賠責保険だけでは、備えとしては不十分です。そこで頼りになるのが、もうひとつの自動車保険である任意保険です。加入は個人の意思に任せられている任意保険では、対人賠償保険と呼ばれるものがあります。これは対人損害賠償額に関して、その金額が無制限であることが多いのがひとつの特徴です。自賠責保険の限度額を超えた部分がこの対人損害賠償額によって支払われるので、たとえば1億円の賠償額支払いを命じられた場合には、自賠責の3千万円をひいた7千万円がこれによって補償されます。この保険が適用されるのは、任意保険の被保険者が自動車を運転していた場合で、ここにその家族や、被保険者の承諾を受け運転していた人を含めることもできます。ただしその運転者が、運転するに不適切な状況にあった場合や、自然災害による事故の場合には、これを適用させることはできません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿