対人賠償保障の注意点

対人賠償保障とは自動車事故で他人を死傷させた場合に損害額を賠償してくれる保険のことです。自賠責保険に含まれており、損害賠償のうち怪我が120万円、死亡が3000万円、後遺障害が4000万円が上限とされます。対人賠償保障はあくまでも他人が怪我や死亡した時に適用されるので、他人の物への損害や自分の損害には適用されません。よって同乗していた妻が怪我をしても保険金は下りないので注意します。よって他人の物へは対物賠償保険、自分の怪我には人身賠償保険や搭乗者補償保険、自分の車には車両保険で補わなければなりません。強制的に加入する自賠責保険ではカバーしきれない点が多いので、任意保険に加入します。また任意保険が保障するのは自賠責保険の上限を超えた分なので、両者はどちらか一方が欠けても経済的に大きな打撃を与えます。自動車事故で相手を死亡させると、賠償額が億単位にまで跳ね上がることがあり、多くの保険に入ることは必須です。任意保険の中には、金額が設定されているものと、無制限に補償してくれるものがあります。想定した以上の賠償額を請求される時に備えて、毎月の保険料は高くなっても無制限タイプを選ぶと安心できます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿