運転者が死傷した場合の補償

対人賠償保険は、基本的には自動車事故の相手方となった他人のケガ、後遺障害、死亡といった損害について、一定の保険金を支払うという保険です。したがって、対人賠償保険だけを契約していた場合には、相手方とともに運転者のほうも事故で死傷した場合には、相手方のほうの損害に対する保険金は下りても、運転者のほうの損害に対する保険金はまったく下りないということになります。しかし、実際のところは、対人賠償保険を契約していれば、人身傷害補償保険とよばれる、別のタイプの保険にもあわせて加入するというのが一般的となっています。この人身傷害補償保険にさえ加入していれば、運転者のケガ、後遺障害、死亡といった損害に対しても、一定の保険金が下りることになります。死亡の場合には保険金額とよばれる上限額の範囲内での保険金が支払われますし、ケガなどの場合についても、治療費や通院のための交通費、仕事を休んでいた期間の休業補償などといった、実際の損害にみあった金額が、保険金として支払われます。しかも、ふつうであれば相手との示談交渉が成立して、過失割合が決まった段階で保険金が支払われるものですが、この人身傷害補償保険については、過失割合に関係ないことから、示談前でも保険金の支払いが行われます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿