後ろの座席を折りたたんで!バンのように広く使おう

ハッチバックとは、船のハッチの様に跳ね上げた形や横開きなどでバックドアを開ける自動車のタイプのことです。大抵は専用のトランクが設けられていますが、それだとトランク空間には限りがあるため、それほど荷物を多くを詰め込むことも出来ません。

ハッチバックの構造としては、独立したトランクを持たずに荷室と室内を隔てる仕切り壁自体が存在しないのが特徴です。そこで後部座席を倒すことによって、バンの様に広い空間を造り出すことが出来るので、トランクよりも数倍の荷物などを入れておく上でも便利となります。

また後部座席を起こせば、また元の通りに乗員も乗ることも出来ます。ただ現在は軽カーなどでもバンタイプも見られバックドアを設けているタイプが存在しますが、ハッチバックはスポーツカー、大衆向けのカー、スポーティカーでのバックドアを持つ種類に分類されます。

実際にハッチバックでは後部座席を倒せば、ライトバンと同じ様に荷物を置ける空間を持たせることも出来ます。よって少ないながらも荷物を運んだりすることも出来るので、商用として用いることも可能となります。

また燃費も良いながら後部座席をたたんで、広く使うことが出来るのでライトバンよりも優れている場合もあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿