自賠責の上乗せができる

自賠責保険とは、同じ自動車保険でもその加入が本人の意思に委ねられている任意保険とは異なり、加入が法律によって定められている自動車保険です。自動車事故によって死亡やケガ、あるいは後遺障害を負った被害者やその遺族に対する、最低限の救済を目的としています。『最低限』ですから、それぞれの補償に際して支払われる賠償金額には限度額が設定されています。たとえば死亡の場合には3000万円、後遺障害の場合には介護を必要とする度合いや後遺障害の等級によって異なりますが、最高で4000万円となっています。被害者や遺族に対する賠償金には慰謝料の意味合いもあり、また逸失利益の意味合いもあります。これは、被害者が死亡したり後遺障害を負ったことで、労働力が低下したことによる将来的な収入の減少に対する補償です。自動車事故被害者や遺族に対する賠償額は、年々、高額にある傾向にあります。たとえば実際には、5億や3億の支払いを加害者に命じる事例も出ています。ですから自賠責保険の賠償額では、到底、不足していると言うわけです。そこで自賠責保険の上乗せをする役割として、加入が重要になってくるのが任意保険です。任意保険は自賠責保険に対して、補償範囲が広いこと、対人補償に対しては、特に人命に対するそれに関しては金額の制限がないこと、そして安全の幅を広くする特約があると言う特徴を持っています。ですからドライバーは、自賠責と任意、両方の自動車保険に加入しておく必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿